新しい色は何にする?~外壁塗装編~

外壁にチョーキングや汚れ、その他にも気になる部分が出てきて、いざ「外壁塗装しましょうか!」となった時に、最初に悩むのが『色』ではないでしょうか。

「今までと同じ色にする?」
「思い切って好きな色にしたいかも!」

悩んだ際の色選びのポイントや人気色をご紹介します。

人気色のメリットは

皆さんのお家の近くには、どんな色のお家が多いでしょうか。
ぱっと思い浮かびやすい「ホワイト」「ベージュ」「グレー」の外壁はやはり人気のカラーです。

「ホワイト」は清潔感があり爽やかで「きれい!」と印象付けるカラーです。“白亜の建物”と言えば美しい建築の代名詞として昔から代表的に扱われてきたこともあり、やはりいつの時代も人気の色です。

「ベージュ」は温かみのある色合いでホッとする優しいカラー。ホワイトよりも汚れが目立ちにくくナチュラルな色合いは、ご近所の景観にも自然の風景にもなじみやすい色で、悪目立ちしにくいです。

「グレー」は落ち着いた雰囲気に加え、やはり汚れの目立ちにくさで人気のカラー。また、塗る前のイメージと塗った後のイメージの違和感が少ないので、「塗ってみたらイメージと違うな……」という悲しいトラブルを避けやすくなります。

他にも落ち着いた雰囲気のや、汚れが目立ちにくく周囲ともなじみやすいブラウン、鮮やかで明るい印象の黄色オレンジ、人気の北欧デザインを思わせるグリーンブルーピンク等も見かけたことがあるのではないでしょうか。

それぞれのデメリットは

では、それぞれのデメリットを見てみましょう。

「ホワイト」はやはり「汚れが目立ってしまう」のが一番の難点です。
コーティングなどでそもそも汚れが付きにくくなっているとはいえ、やはり真っ白だと汚れに気が付きやすくなります。
気になる方はオフホワイトなど、ベージュ寄りの白を選ぶというのも一つの手です。

「ベージュ」は「選択幅が多すぎる」のが難点です。
ベージュと一言に言っても土壁を思わせる濃い色や白に近い薄い色など、「ベージュの中での色選び」問題が発生します。
「イメージより濃いな…」「イメージしてたのとちょっと違うな…」というトラブルにならないよう、事前に注意が必要です。

「グレー」はコンクリートやビルと同じ色味なので、「地味な印象」を感じる方も少なくないようです。また、色の濃淡によっては建物が古くさい印象を受けてしまう場合も……。

はやはり黄砂やカビなどの汚れが目立ちやすく、ブラウンは将来的にチョーキングが起こった時に目立ちやすくなります。
グリーン」や「ブルー」「ピンク」「黄色」「オレンジ」などの鮮やかな色合いは、周辺の風景から浮いてしまいがちですので、入念な景観チェックが必要です。また色あせも気になりやすいカラーですので、こまめなメンテナンスも視野に入れておいた方が良いでしょう。

お気に入りの色を長持ちさせるために

弊社では以前の記事でご紹介した「無機塗料」を用いて、新しい外壁を長持ちさせるだけでなく、居住性を高められるように施工を行っております。もちろん予算感や状況にあわせて様々なご提案が可能です。

また、換気扇の近くなどの汚れやすい場所に汚れを付きにくくする透明の塗料をプラスするサービスをさせて頂いています!

「こういった色にしたいんだけど、どうかしら」「予算が不安」「この壁にこの色は塗れる?」などお悩みの時には、経験豊富な我々にぜひ一度ご相談ください!

まずはお気軽にご相談ください!

0120-411-590
受付時間|9:00~18:00
※毎週月曜日は定休日

価格帯を知りたい

実際に来て見てほしい

まずは話を聞きたい

お見積り、訪問診断、
ご相談はすべて無料です!