2倍長持ち!無機塗料とは?

塗料の種類で塗装の耐久性/耐候性が全く異なることをご存知ですか?

技術の進化に伴い、塗料も性能の良いものがどんどん開発されています。現在、一番お勧めしたいのが「無機塗料」。従来の塗料と比べて、なんと2倍も長持ちすると言われています。

本日は、なぜ無機塗料がおすすめなのか、その中でもお勧めな無機塗料の種類について、順を追って説明していきます。

そもそもなぜ塗装は劣化するのか?

そもそも、塗装はなぜ劣化するのでしょうか?

屋根や外壁は常に太陽からの紫外線にさらされており、紫外線が屋根や外壁に当たると「ラジカル」という物質が生成されます。この「ラジカル」が塗装を劣化させます。

塗料の場合は、塗料に含まれる成分「酸化チタン」に紫外線が当たることでラジカルが発生し、塗膜が破壊され劣化が進んでしまうのです。

劣化をさせないためには「ラジカル」の発生を回避することが必要です。

「ラジカル」が発生しない塗料は存在するのか?

存在するんです!

正しくは、「発生しにいくい塗料」が存在します。それが、「無機塗料」です。無機塗料は、ラジカルが発生しない「無機物」を含んだ塗料です。

常に紫外線にさらされている石は、劣化しないですよね?(少なくとも10年そこそこではボロボロになったりしない。)それは、石が「無機物」だからです。塗料も無機物を使えば、劣化しないという話ですね。ただ、残念なことに、塗料の成分全てを無機物にすることは現代の技術ではまだ不可能です。しかし、できるだけ多くの割合で無機物を使った、劣化しにくい塗料は存在します!それが「無機塗料」ということですね。

無機塗料だったら何でも良いのか?

答えはNOです。

無機塗料において、無機物と有機物の割合に明確な決まりはありません。ですので、中には「無機塗料」と謳っていても、質の悪い塗料も存在します。「無機塗料」という言葉だけに誘われてはいけません!

本当に優秀な無機塗料とは?

本日皆さんに紹介したい、本当に優秀な無機塗料は、PREMATEXの「ウルトラMUKI」です。ガラスと同じ珪石(石英)を原料とする塗料。高い耐久性に加え、汚れにくいという特徴の他にも、水性塗料では難しかった高い光沢感を実現するといった、魅力が満載な塗料となっています。屋根塗装にも大変力を発揮する塗料で、太陽光を反射し、室内温度の上昇も抑えてくれ、省エネ・節電にまでつながる何とも優秀な塗料です!

もっと詳しくウルトラMUKIのことを知りたい方は、PREMATEXのウルトラペイントシリーズ特設サイトを御覧ください!

他にもお勧めな塗料はないの?

re-pair多摩では、お客様のご予算やご要望・屋根/ 外壁の状況に合わせて、塗料や素材のご提案をさせていただきます。相談は無料ですので、お気軽にまずはご相談ください!